ひとに与える色のイメージについて 

2018/04/19
ロゴ

こんにちは!

 

まつげエクステ & ネイルサロン WINKの麻衣です。

 

今日は人に与える色のイメージについてお伝えしたいと思います!

 

ネイルの色、毎回何にするか迷いますよね。。。

 

私は迷いませんが。笑

よく迷っているお客様を見かけます(^^)

 

私の話をしてしまうと、ネイルに限らず、物事を決めるのに時間を使うのがもったいないとおもってしまい、ネイルをするならその日の気分で赤か白かピンク!

ってきめています☆

ネイルの色に迷った時は、色の持っている相手に与えるイメージなどを参考に決めてみてもいいかもしれないですね♪

今日はそんな色のイメージについてお話します(^^)

 

色の効果 リセット 自分の行動を律する

悩みをリセットしたい時は白い服を着る

 

悩んだ時迷った時モヤモヤした気分をなんとかしたいときは、一週間真っ白なものを見に付けてすごじてみましょう。「白紙にもどる」という言葉があるように白は物事をリセットしてゼロに戻すイメージがあります。

逆に迷っておすすめしないのが紺とグレーです、

紺は正しさを感じる色なので迷っている自分を正当化してしまう恐れがあります、一方グレーは黒と白の中間色。曖昧な色なので、選択力がにぶってしまいます。

 

デスクなどにオフホワイトを取り入れると事務や経理など論理的な仕事作業効率がアップします、

中でも真っ白は効果がより期待抱きますが使う量が多いと緊張感が高まり疲れやすくなるので使用量に気をつけましょう

 

人に与える印象

 

+イメーシ

清楚 ナチュラル

マイナス

潔癖

緊張 

完璧主義

 

黄色

色の効果 注目を集める 社交的になれる

 

アイデア出しに煮詰まった時は黄色のアイテムを身につける

黄色は新しい発想をもたらしてくれる色アイデアを出しや企画提案で煮詰まった問は黄色の力をカリましょう。

ピンク 

色の効果 女子力を挙げる 

 

肌の艶がないといはピンクの下着をつける

ピンクは若返りのいろとされています、

 

いかがでしょうか?

 

あなたはネイルの色、何色にしてみたいですか?